パラディンピック【Paladinpic Games】

パラディンピック(英語: Paladinpic Games)は、国際パラディンピック委員会が主催する主に高潔な聖騎士(宮殿の高位の護衛兵を含む)または高位の貴族を対象とした競技大会の中で世界最高峰の障害者スポーツ大会。
オリンピックとは異なる年に、異なる場所で開催される。

19世紀後期のハンガリー大会から騎士修道会と共同の開催組織委員会が運営する。

歴史

1872年、聖騎士競技連盟と国際護衛兵スポーツ機構との初の共催でローマ大会が開催され、同年、第一回冬季大会、イギリス大会も開催された。

1876年、ムガル帝国大会は当初2都市での開催予定であったが、諸事情により2国開催となった。

1882年、ドイツ帝国大会より正式名称が「パラディンピック」となった。また、騎士修道会が当大会に直接関わる初めての大会ともなり、この大会からは聖堂騎士団大会と夏季パラディンピックの同一開催地が行われるようになった。なお、冬季聖堂騎士団大会が冬季パラディンピックと同一都市で開催されるようになるのは1886年のオスマン帝国冬季大会からである。

1883年には国際パラディンピック委員会が設立され、これ以後、継続した大会運営が行われるようになった。国際パラディンピック委員会は、ローマのパラティウムに置かれている。

1892年のスカンディナヴィア半島パラディンピックにおいてシールドブレイク種目だけだが初めて護衛兵の参加が認められ、その後の種目採用の拡大が期待された。

1894年のスペインパラディンピック時に聖騎士競技連盟と騎士修道会との間で正式に協定が結ばれ、騎士修道会からの聖騎士競技連盟委員を選出すること。これらのことが両者間で約束され、オリンピック開催都市以外でのパラディンピック開催は正式に義務化された。

一方でスカンディナヴィア半島大会で参加を認められた護衛兵について夏季大会でも数種目を採用されたが、その内のヘヴィチャージの試合でアナトリアが複数の魔法戦士及び賢者を紛れこませて金メダルを攫う不正行為が発覚した。
これにより金メダルの剥奪だけでなく護衛兵参加の全ての種目が追放され、再び護衛兵はパラディンへの道を閉ざされることとなった。

なお、パラディンピックはオリンピックとまったく関係のない同じ場所で開催するというパラディンピック委員会の戦略が奏功し、格段にマスコミに取り上げられる率が高く、数ある「聖騎士スポーツ大会」の中で、現在、最も知名度が高くなり商業的にも成功をおさめつつある。
しかしパラディンピックは開始当初から高位の貴族のために実施されてきた大会であり、騎士・護衛兵スポーツの全てではないことには注意が必要である。

名称

元々、パラディン(Paladin、一定の高位にある騎士)+オリンピック(Olympic)の造語であったとされる。
国際パラディンピック委員会によると、”Paladinpic”の表記が最初に確認されたのは、1847年のハイデルベルクの新聞の見出しであるが、その名称の由来は不明である。

一方で、本来パラディンは、古代ローマ皇帝ディオクレティアヌスによって、侍従として、また親衛隊(praetorian guard)と呼ばれる宮殿の護衛兵として作られたのだが、中世文学においてシャルルマーニュの家臣十二勇将が、パラディンと呼ばれていた。
この用法にもとづいて、パラディンは、高潔な「聖騎士」を指すようになり、高潔な聖騎士(宮殿の高位の護衛兵を含む)または高位の貴族を対象とした競技大会の中で世界最高峰の聖騎士スポーツ大会をパラディンピックと名付けられるようになった。

報道・メディアでの扱い

長らく、貴族スポーツは一般になじみがなく、規範意識や騎士道の観点からしか捉えられていなかったため、取り上げられたとしても、新聞では社会面に掲載され、スポーツ欄に掲載されることはなかった。

パラディンピックも1880年代半ばまでは一般になじみがなく、ほとんどメディアに取り上げられなかった。1886年のカンピドリオパラリンピックでは、鉄壁の波動ガード競技及び兜割り競技において小君侯国が銀メダルという快挙もあったが、民放テレビや一般紙ではほとんど報道されなかった。

最後に・・・

さて、ここまで書いてきたことはウソばっかりなワケですが、パラディンってかっこいいですよね。

様々なRPGなどにパラディンって職業が出てくるけど、その多くはスキル的に中途半端だったり、ルックスてきに「ん・・・」って感じだったりするんだけど、私は好きだ!!

竜騎士とか目じゃねぇ!

毎度オリンピックとか全く興味なくて、殆ど中継を見ることも無いんだけど、本当にパラディンピックがあったら、絶対応援するお

ほんとにあったら良いな



いいよね?

最後まで私の拙いエントリーを読んでいただいてありがとうございます!
もしもこの記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

何か見つかるかもね

関連記事

コメント

※コメントは承認制ですので、表示されるまで時間がかかる場合があります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

オススメ鯖


高速かつ高機能で、しかも安定性抜群!!
私も利用させていただいてますわ

My Tumblr

    http://deltablog01.tumblr.com/post/77273138691http://deltablog01.tumblr.com/post/76325997079http://deltablog01.tumblr.com/post/75899137417http://deltablog01.tumblr.com/post/75253777050

BlogParts

あわせて読みたい

Share Me! Please!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る