連続データの入力

エクセルは表計算ソフトですから、当然主な仕事は「表を作ること」です。

表を作る為には膨大な量の数字を入力しなければならないこともありますが、連続するデータであれば簡単に数字などを入力することが出来るようになっています。

ここでは「連続データの入力」について、いくつかの手法をご紹介したいと思います。
(主にフィルハンドルの使い方の説明になります)

同じデータを連続で入力する

それでは、まず適当なセルに好きな数字でも文字列でも結構ですので、何か入力してみてください。

下の例ではセル「B2」に「あいう」と入力してみました。

B2に「あいう」

ここで、例えば一つのセルに「あいう」と入力するのは簡単ですが、それを100回繰り返したり、1000回繰り返したりするのは大変ですよね?

そこで、連続データを入力するために「フィルハンドル」を利用します。

それでは今文字を入力したセルを選択して下さい。

B2セルを選択

用語の解説でもご紹介しましたが、このセルを選択した時の右下にある黒い■がフィルハンドルです。

このフィルハンドルにマウスカーソルを合わせると、普段矢印の形のマウスカーソルが「+」になります。

この状態で下方向にドラッグしてみてください。

フィルハンドルをドラッグ

このように、フィルハンドルをドラッグすると連続した同一の文字列を作ることが出来ました。

「こんな機能何に使うの?」と言われそうですが、複数のセルに同じ文字を複数入力することは頻繁にあるものです。

例えば下の図のような場合など、何回も「個」と入力するのは面倒でしょ?

「個」を複数入力するのは面倒

連続データをフィルで入力する

今度は、数字が連続で増えていく場合などです。

好きなセルに「1」と入力して、先程と同様にフィルハンドルをドラッグすると結果は同じく「1」が連続入力されます。

「1」が連続

例えば、1~10まで入力したいのであれば手入力でも構わないかもれませんが、これを1000とか10000まで入力したいとなるとたいへんです・・・・

そこで、フィルハンドルをドラッグするときにキーボードの「Ctrl」を押下しながらドラッグしてみてください。

フィルで数字が加算

すると、今度は数字が1ずつ加算された連続データが入力できました。

また、奇数だけ入力したい場合などは2つのセルを使って「1」「3」と入力して、数字を入力した2つのセルを選択し、フィルハンドルをドラッグしていくと、1357・・・と奇数で数字が増えていきますし、もちろん同様の方法で偶数も可能です。

「1」と「3」を入力

一度、上の状態からフィルハンドルをドラッグしてみてください。

1357・・・と奇数で数字が増えていくでしょ?

実は曜日もできる!

前述の連続データは数字に対して「Ctrl」を押下しながらドラッグしていましたが、今度は好きなセルに「水」と入力して「Ctrl」を押下せずにドラッグしてみてください。
(キーボードの「Ctrl」は押下しない!)

曜日をフィル

このように曜日扱いされた文字も連続データとして投入できるので、スケジュール表を作成する場合などに利用できます。

今回のオートフィル機能はキーボードの「Ctrl」は押下せずに実行しましたが、セルに数字だけが入力されている場合と、それ以外で「押下する」「押下しない」が変わります。

これは理解(慣れ)するのに少々時間がかかるかもしれませんが、色んな「文字」や「数字」または「数字+文字」の組み合わせでオートフィル機能を使ってみて慣れていくようにしましょう。

最後に・・・

今日覚えることは少なかったですけど、フィルハンドルを使って連続データを入力することは表を作成するうえで重要な操作ですから、いろんな連続データを入力して練習してみてください。

今回の記事で紹介したのは縦方向にフィルハンドルをドラッグしたものばかりでしたが、この操作は横方向でも実現可能なので、やってみてください。

私の場合使用頻度の一番高いフィルハンドルの使用は、奇数の連続データを入力した時のように「最初の値」と「次の値」の2つを入力しておいてドラッグする方法です。

これなら「5」「10」と入力してドラッグすると5ずつ加算された連続データが入力出来たり、「10」「20」と入力してドラッグすると10ずつ加算された連続データが入力できるなど幅広く利用できます。

また「子丑寅・・・」など規則性のあるデータであればフィルハンドルで連続データ入力できるので、少し練習してみてください。

  1. Introduction
  2. Excelの練習を始める前に・・・
  3. エクセルの知っておきたい基本的な用語集
  4. エクセルの基本操作を覚える
  5. 連続データの入力  ←いまココ
  6. エクセルで簡単な計算をイロイロな方法でやってみる
  7. 家計簿を作ってみよう
  8. 模擬テストをやってみよう
  9. エクセルで業務効率を上げるためのアドバイス
  10. 色んな練習で慣れておこう


いいよね?

最後まで私の拙いエントリーを読んでいただいてありがとうございます!
もしもこの記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

何か見つかるかもね

関連記事

コメント

※コメントは承認制ですので、表示されるまで時間がかかる場合があります。
  1. この記事へのコメントはありません。

*

オススメ鯖


高速かつ高機能で、しかも安定性抜群!!
私も利用させていただいてますわ

My Tumblr

    http://deltablog01.tumblr.com/post/77273138691http://deltablog01.tumblr.com/post/76325997079http://deltablog01.tumblr.com/post/75899137417http://deltablog01.tumblr.com/post/75253777050

BlogParts

あわせて読みたい

Share Me! Please!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る