友人に言われて焦った「一言」

先日我が家に友人が遊びに来て、PC談義をしたりサイトの運営方針について御託を並べてみたり、一緒にイロイロWebサイトを見ていたときに言われた一言に少し焦りました・・・

「おい、お前のキーボード【を】が無いぞ!」

…えっ?

始め友人が何を言っているのか理解できなかったんですけど、私が普段使用しているキーボードは極一般的な109日本語キーボードなので「まさかねぇ?」なんて思ったんですけど、確かにキーボードを見ても【を】が見当たらない・・・

皆さんも一度ご自身の使用しているキーボードを見てください。

毎日使っているのに気付かなかった

さて、皆さんすぐに【を】は見つかりましたか?

英語キーボードを利用している人にはもともと平仮名の印字は無いので当てはまりませんけど、日本で一般的な106キーボードや109キーボードの場合は殆ど鍵にアルファベットの印字と共に平仮名がついていると思うんですけど、何処に何のキーがあるのか意識していないと気付かないことが時折あります。

多くのキーボードの場合アルファベットはQWERTY配列で並べられていて、平仮名の配列はJIS配列になっていて、どちらの配列も「見易さ」はあまり重要視されてなくて、タイピングの効率に最適な配列をされているので、アルファベット順でもなく50音順にもなっていないので、一つくらい見当たらないキーがあっても気にしていませんでした。
(そんな見つけにくいキーがあるとは思いもしませんでした)

で、私がなかなか見つけることが出来なかった【を】は、数字のゼロのキーに小さく書いてあって、結構気付きにくいところに存在しています。

普段私はローマ字タイピングで打鍵をしているので、平仮名で【を】を出したいときには「W+O」とタイピングしているので気付かなかったのですね。

しかし、平仮名入力でタイピングしている人にとって、これって不便なんじゃないですかね?

前述したように、キーボードの配列はタイピングに効率的な配置になっているらしいのですが、それなら【を】なんて使用頻度が高そうなのですから、もう少し良い場所にあっても良いような気がしませんか?

だって、今日のこの記事だって【を】は14回も出てるんですよ・・・

もし、平仮名入力タイピングの方がこの記事を見られたら【を】の配置が便利なのか不便なのかご感想をお聞かせ願いたいものです。



いいよね?

最後まで私の拙いエントリーを読んでいただいてありがとうございます!
もしもこの記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

何か見つかるかもね

関連記事

コメント

※コメントは承認制ですので、表示されるまで時間がかかる場合があります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

オススメ鯖


高速かつ高機能で、しかも安定性抜群!!
私も利用させていただいてますわ

My Tumblr

    http://deltablog01.tumblr.com/post/77273138691http://deltablog01.tumblr.com/post/76325997079http://deltablog01.tumblr.com/post/75899137417http://deltablog01.tumblr.com/post/75253777050

BlogParts

あわせて読みたい

Share Me! Please!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る