なぜスカイマークは羽田発着枠配分が縮小されるのか?

2013年3月に予定されている羽田空港の国内線発着枠配分の検討が行われ、従来スカイマークなどの新規参入航空会社に優先的に付与されていてた優先枠は大幅縮小になるのだそうだ。

ちなみに「発着枠」っていうのは「出入場許可便枠」のことで、有限の発着枠の中で可能な限り効率よく輸送量を確保(増大)するための仕組みです。

なんで、スカイマークの発着枠配分が縮小されたんでしょうね?

発着枠配分が縮小される理由?

元々スカイマークなどの新規参入航空会社には、公平な航空業界の促進のためにも優先的に一定数の配分枠が与えられていたのですが、「すでに競争力がある」と判断され大幅縮小する考えなのだそうだ。

一般的に新規航空会社の方が低価格である場合が多く、サービス面でも大手の航空会社に引けを取らないことから利用者にアピールできる強みが多いので人気が高まっているから、枠が減少してもやっていけるでしょ?・・・と、いうことでしょうか?

スカイマークという企業

1996年に設立されたスカイマーク株式会社は2006年に「スカイマークエアラインズ株式会社」という名称から社名変更されました。

低価格を実現するために「サービス簡略化」による経費削減策が以前話題になりましたね・・・



いいよね?

最後まで私の拙いエントリーを読んでいただいてありがとうございます!
もしもこの記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

何か見つかるかもね

関連記事

コメント

※コメントは承認制ですので、表示されるまで時間がかかる場合があります。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

オススメ鯖


高速かつ高機能で、しかも安定性抜群!!
私も利用させていただいてますわ

My Tumblr

    http://deltablog01.tumblr.com/post/77273138691http://deltablog01.tumblr.com/post/76325997079http://deltablog01.tumblr.com/post/75899137417http://deltablog01.tumblr.com/post/75253777050

BlogParts

あわせて読みたい

Share Me! Please!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る